スポンサーリンク

価格設定のコツ

商品を出品するときに、価格を設定します。

この価格は、自分で変更しない限り、ずっと同じです。

特に、FBAを利用した出品のときは、商品がAmazon倉庫に到着して商品ページに載るまで、数日かかるのが普通です。

出品した時は適正だった価格が、数日後には変わってしまうことがあります。

価格が下落しているときは、自分の価格が高いので、なかなか売れません。

価格が上昇していた時は、自分の価格が安いので、すぐに売れますが、もっと利益がとれたと思うと悔しいですよね。

では、どうしたら良いでしょう。

まめに価格をチェックする

セラーセントラルにログインして、[在庫]-[在庫管理]をクリックすると、在庫一覧が表示されます。


商品一覧が表示され、右側に自分の価格や最低価格、カートボックス価格が表示されています。

これらの情報を元に、価格を設定しましょう。


この時、[最低価格]のところに緑のチェックが付いている商品は、自分が最安値になっているという意味になります。


最安値にしていると、売れる可能性がとても高くなりますが、適正価格かどうかはわかりません。

下の例でいくと、2280円になっていますが、2番手の出品者が5000円だったらどうでしょう。

実は、適正価格は5000円前後なのかもしれません。

なので、最安値になっている時は、商品ページを開いて、2番手以降の出品者の価格をチェックしておきましょう。


[在庫管理]の画面から[ASIN/ISBN]または[商品名]をクリックすると、商品ページが開きますので、適正価格をチェックしましょう。

商品数が多くなってきたら

商品数が多くなってくると、それだけ価格変更の時間も多くかかってしまいます。

また、Amazonは24時間年中無休で動いているので、価格はいつ変わるかわかりません。

そこで、お勧めなのが、

自動価格変更ツール

です。

色々な種類のツールが販売されていますが、大きく分けると「パソコンにインストールするタイプ」と「ブラウザで操作するタイプ」に別れます。

詳しく解説しましたので、それぞれのページをご覧ください。

パソコンにインストールするタイプはこちら

ブラウザで操作するタイプはこちら

目次

販売するための商品を仕入れる!

Amazonのシステムを利用して楽して高く売る!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする