スポンサーリンク

アフィリエイトをやりたいと思った時に何をやればいいのか?

ここはせどりの情報発信として記事を書いていますが、お金を稼ぐのは、一つの方法だけに固執することはありません。

むしろ、複数の柱を持っている方が、様々なリスクに対応することが出来るんです。

ここでは、ネットビジネスの主流の一つ、アフィリエイトについて簡単に説明します。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、簡単に言うと広告収入のことです。

自分の持っている媒体、例えば、ブログやメルマガに広告を載せることで広告費をいただけるシステムです。

といっても、テレビやラジオと違って「流すだけ」でお金がもらえることはほとんどありません。

Yahooなどの超巨大メディアであれば、広告主から「載せてください」と言われるかもしれませんが、1日100も行かないアクセス数のブログに広告を載せたい物好きはいないですよね。

そこで広告を載せて、その広告から商品が買われたり、広告がクリックされたら、報酬を差し上げましょうというシステムがアフィリエイトです。

アフィリエイト広告はどうやって掲載する?

では「報酬を差し上げましょう」という広告主はどうやって探せばいいんでしょう。

大丈夫、もうすでに広告主を集めてくれている会社があるんです。

私たちがやることは、広告主を集めてくれた会社に登録して、広告のコードを発行してもらうだけなんです。

その会社のことを「アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)」といいます。

有名なところをご紹介

Googleアドセンス

Googleが運営しているASPです。ここは広告のクリックで報酬が発生します。1クリック数円~数十円ですが、ちりも積もれば山となります。

A8ネット

日本の老舗ASP。自分で広告を選べるので、ブログの内容にあった広告や、報酬の高い広告を選択することが出来ます。

ASP登録前にやること

ASPに登録するときに、いろいろな情報を書くのですが、その中の大切な要素の一つに「媒体」があります。

広告を配信する側にしたら、どんな媒体に載せられるか、気になりますよね。なので「媒体」の審査があるんです。

ブログだったらどんなブログかとURLを書きます。

メルマガなら、その内容やバックナンバーが見れるサイトのURLなど。

実際にアクセスして目視でチェックもしているようなので、あまりに中身のないサイトだと却下されることもあるようです。

なので、まずは媒体を作ることから始める必要があります。

簡単に作れるのはブログなので、次回はブログの作り方について説明します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする