スポンサーリンク

過去の商品にも目を向けよう

今日は、過去の商品に目を向けるというお話です。

過去の商品とは

今の時代、次々と新製品が登場してきます。機能が強化されたり、より使いやすくなったりと、利用者にとっては便利なのですが、たまに「こんなのいる?」って機能がついてたりすることもあります。

新製品が登場した時点で、以前の商品は「過去の商品」になるわけです。俗にいう「型落ち」ってやつですね。

実はこれ、せどり的にはとっても狙いめなんです。なぜなら、

仕入れ価格(=販売価格)が安くなるからです。

販売店などの量販店でも、在庫を持ちたくないので、早めに処分するために値下げをすることが多いんですよね。

例えば、この商品。

ダイゴー アポイント 手帳 2016 ウィークリー 黒 E1308 

1000円くらいの販売価格なんですが、仕入れ値は100円です。

毎年、とあるお店で手帳を全品100円セールをしているので、毎年100冊位買ってます。

今年もおかげさまで、残り15冊くらいになりました。

手帳は、年が明けたら「過去の商品」になりますから、こういったものも狙い目になってくるんです。

「仕入れる商品が見つからない!」という人は、ぜひ「型落ち」商品を探してみてください。

お店のワゴンセールなんかにも「型落ち」商品があることが多いので、ぜひ覗いてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする