スポンサーリンク

せどりで値下がりしやすい商品とは?

せどりの基本的な考え方

せどりは仕入れと販売を繰り返す商売です。

何度も書いているので、よくおわかりかと思いますが、

仕入価格<販売価格

これがとても重要です。

また、仕入価格には手数料も合わせて考える必要があるので、正確には、

仕入価格+手数料<販売価格

となります。

せどりで値下がりしやすい商品とは?

すべての商品が仕入価格よりうえで売れるわけではありません。

値下がりリスクは常にあります。

特に、せどりを始めたばかりの人は、

全部の商品で稼がなきゃ!

と思いがちですが、中には「損切り」する商品もあります。

ではでのような商品が値下がりしやすいのでしょうか。

出品者の多い商品

出品者が3桁(100以上)の商品は値下がりする可能性が高いです。

それ以上にランキングが高ければどんどんと売れていくのですが、ランキングがそれほど高くなく、出品者が多い商品は値下がりする可能性が高いです。

例えば、これ

嵐のシングル、出品者は121人、FBA価格は1,900円です。この商品で利益を出すためには、仕入価格を1,300円くらいにしないとダメです。定価は1,512円なので、20%引で購入してもあまり利益が出ないです。

全国一斉のセール商品

これは特に店舗での話になりますが、大手チェーン店などで一斉にセールする商品はAmazon価格が下落する可能性があります。

全国チェーンだとイオンがありますね。例えば、5,000円の商品を半額セールしたら、みなさん買うと思います。もちろん、せどらーさんもたくさん仕入れるでしょう。

そうすると、2500円で仕入た商品がたくさん出品されて、価格は下落していきます。

もちろん、セール品は魅力です。「どの店でもやっている」セールではなく、「特定店舗のみ」「期間限定」などのセール品なら狙ってOK!

あなたに合った仕入れ方法で、ガッツリ稼いでいきましょう!!

無料メルマガを配信中です。せどりの基本や裏ワザ満載!是非登録してください!!

登録はこちらからどうぞ

無料メルマガ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする